2019年01月08日

AMD Phenom II X4 980 BE HDZ980FBK4DGM/ハードオフ・ジャンク

 久しぶりにハードオフ覗いたらジャンクCPU1000円コーナーでお宝発見! 速攻で保護。超レア珍品。オークションでも流通がほとんどないシリーズ最上位の4コアCPU AMD Phenom II X4 980 Black Edition HDZ980FBK4DGM C3ステッピング。定格3.7GHz 最強の4コアK10だ。
AMD Phenom II X4 980 BE HDZ980FBK4DGM AMD Phenom II X4 980 BE HDZ980FBK4DGM
【参考価格】
楽天市場

 うん。間違いない。最初は965とかでしょ・・・と思ってましたが、よく見ると980BE! 早速CPU入れ替えよう。e-bayだと95ドルぐらいで販売されてるけど流通量は極めて少ない珍品。今、AMD Phenom II X3 720 Black Editionを3.4GHzで回してるけど、 4コアで定格3.7GHzになると体感できそう。720はC2ステッピングで発熱が多く回らないけど980BEは成熟されたプロセス末期のC3ステッピング。 うまくいけば4GHzを拝めるかも。
 
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCメンテナンス

2019年01月05日

MemTest86テストエラー/メモリは刺しっぱなしでも埃等でエラーが発生する事がある

 最近動作が不安定なNEC LM560/M旧式ノートPC。MemTest86をUSBメモリに書き込み、メモリテストを実施した所、メモリエラー65000以上発生。メモリ組み付け時にテストした時は問題なかったんだけど・・・。とりあえず、メモリ入れ替えてもダメで、メモリではなく本体を疑う。2バンクあるうちの下側スロットにメモリが刺さるとメモリエラー発生。
 1バンク2GB運用は辛い・・・試しにファミコンカセット作戦。息をふーふー吹きかけたら嘘みたいにエラーが発生しなくなりました。


 メモリって刺しっぱなしでも埃とかでエラー発生する事あるんですね。 はじめての経験でした。動作が怪しいPCはメモリテストと内部清掃必須かも知れません。メモリエラー対策?後は、今のところWindows 10/Ubuntu 16.04共に快調に動作しています。これが原因だといいけど。
posted by ぽっぽファクトリー at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCメンテナンス

Windows10 64bit Driver Ricoh Memory Stick Controller/Ricoh xD-Picture Card Controller

 NEC Lavie LL560M(PC-LL560MG6RD)など、2010年前後のノートPCをWindows 10にアップグレードして利用しているユーザーも多いと思いますが、クリーンインストール時など、基本システムデバイスの2つのドライバが見つからない状態となります。このデバイスは

1. Ricoh Memory Stick Controller
2. Ricoh xD-Picture Card Controller

ですが、Windows 10用のドライバが公開されていません。調べたところ、下記富士通のWindows Vista 64bit用ドライバでWindows10へインストール・動作可能であることがわかりました。

【ダウンロード元】(富士通サイト)
リコー R5C847 メモリーカードドライバ (64ビット版)

 怪しい海外サイトからのダウンロードは絶対に行わないでください。古いPCですが、メンテナンスをしながら使っていければと思います。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCメンテナンス

2011年12月02日

NVIDIA GeForce Driver 270.61以降 Flash動画再生でブルースクリーン発生

 Windows XP SP3/GeForce 9500 GTにて、NVIDIA GeForce/ION Driver v270.61/275.27以降を利用すると、YouTube・ニコニコ動画・USTREAMなどのFlash動画配信サイトでブルースクリーン(BSOD)が発生・停止する問題が生じています。いきなりブルーバックになるのではなく、マウスカーソルだけが動かせる状態が数秒続き、その後ブルーバックスクリーンによりエラー停止する現象が確認できます。必ず発生する現象ではなく、1時間に数回ペースで発生する状態です。

【ブルーバックスクリーン内容】
1. nv4_disp.dll の Infinite Loop
2. watchdog.sys がエラー出力

DirectXのランタイムを最新版にしても効果はありませんでした。この問題について継続調査していますが、Adobe Flash Player 11.0.1.152ベースでは、NVIDIAのドライバを古いものに入れ替える事で回避可能です。また、当方の環境ではGeForce/ION Driver 285.27β以降、GeForce/ION Driver 285.58までは、この問題について発生が確認できていません。継続評価中です。

【現象確認】
・GeForce/ION Driver 290.36β (2011.12.2 評価中)NEW
・GeForce/ION Driver 285.58 (2011.12.01 発生しない)
・GeForce/ION Driver 285.38 (2011.10.17 発生しない)
・GeForce/ION Driver 285.27 (2011.09.27 発生しない)
・GeForce/ION Driver 280.19 (2011.08.01 発生確認)
・GeForce/ION Driver 275.50 (2011.07.10 発生確認)
・GeForce/ION Driver 275.33 (2011.06.07 発生確認)
・GeForce/ION Driver 275.27 (2011.05.17 発生確認)
・GeForce/ION Driver 270.61 (2011.04.26 発生確認)
GeForce/ION Driver 267.24 (2011.05.20 発生しない) NEW
・GeForce/ION Driver 266.58 (2011.05.06 発生しない)
・GeForce/ION Driver 260.99 (2011.05.04 発生しない)
・GeForce/ION Driver 258.96 (2011.05.01 発生しない)


【関連ページ】
1. 過去のNVIDIAドライバダウンロードページ
2. Adobe Flash Player
3. 検証用動画ページ(例)
 a. Ustream マルチチャネル・ライブ配信視聴
 b. YouTube - Nvidia PureVideo HD 1080p Test
 c. YouTube - 沖縄美ら海水族館 HD 720p
4. GPU搭載PureVideo HD VPバージョン

GPU温度は40℃後半で熱暴走は考えにくい所です。発生しやすい状態として、複数動画を同時に閲覧している状態があります。

※ 2011.07.10 追記
GPUの動画再生支援機能PureVideo HDのVP2を搭載したGPUで 270.61 以降から動画再生支援を有効にすると上記ブルースクリーン問題が発生しやすいようです。VP2世代のGPUユーザーは問題の発生しない 267.24 までを使うか、FLASH等のハードウェアアクセラレーションを無効にしましょう。

※ 2011.10.26 追記
GeForce/ION Driver 285.27β以降では、問題が発生しなくなりました。正式版285.58を現在評価中です。
posted by ぽっぽファクトリー at 23:55 | Comment(73) | TrackBack(2) | PCメンテナンス

2011年05月08日

NVIDIA nForce Driver 15.56 15.58 WHQL/プラットフォームドライバ

 NVIDIA nForceチップセットのプラットフォームドライバ nForce Driver 15.56 WHQL/15.58 WHQLがリリースされています。Windows XP/Vista/7(32bit/64bit)向けに各バージョンリリースされており、以下のドライバを含みます。

イーサネットドライバ(v73.30) WHQL
ネットワークマネジメントツール(v73.25) "Sedona"
SATAIDEドライバ(v11.1.0.43) WHQL
SATARAIDドライバ(v11.1.0.43) WHQL
RAIDTOOLアプリケーション(v11.1.0.40)
SMUドライバ(v2.08) WHQL
GPUドライバ(v197.13) WHQL
SMBusドライバ(v4.79) WHQL
Physx (v9.10.0129)
Away Mode ドライバ (v6.0.6000.115) WHQL
インストーラ(v8.36)
※ 上記は XP向け 32bit版の例

【関連ページ】
NVIDIA
ドライバダウンロードページ

現在、愛機はGIGABYTE GA-M720-US3(nForce 720D)ですが、問題なく適用できました。GPUドライバも一緒に配布されていますが、GPUが統合されていないチップセットの場合、インストーラが自動判別するので問題ありません。NVIDIAのチップセットドライバ更新は久しぶりですが、チップセットの事も微かに覚えていてくれた事が嬉しいです。SSDの普及に伴い、Trim対応についてもしっかりフォローしてほしい所です。実際の所、今回公開されたドライバそのものは 2010年リリースのもの(例:GIGABYTE)で、公式ページから配布されるようになっただけだったりします。
posted by ぽっぽファクトリー at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCメンテナンス