2009年11月21日

沖縄美ら海水族館/沖縄を代表する水族館

2009年09月26日〜28日まで、沖縄へ行ってきました。
沖縄といえば、現在1、2位を争う人気スポット
沖縄美ら海水族館へ足を運びました。

写真は全てクリックで拡大できます。
規模が大きいです。私が見た水族館の中では最大クラス。
沖縄美ら海水族館

行った時間帯が良くて、意外と空いてました。
沖縄美ら海水族館

美ら海水族館といえば、マンタとジンゼエザメです。
沖縄美ら海水族館 沖縄美ら海水族館

館内は修学旅行生(海外を含む)が多く、今時珍しい
写ルンですで写真を撮っている子もいました。

美ら海水族館は、見どころがたくさんあります。
御飯を食べながら3時間ぐらい居ましたが、まだまだ
回れないぐらいでした。
沖縄美ら海水族館

イルカのオキちゃん劇場も時間がよく見れました。
マビカのFD書き込み速度を意識して、イルカの飛び跳ねた
瞬間を捉えました。
沖縄美ら海水族館 沖縄美ら海水族館

まだまだ、実逃避行は続く。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:24 | Comment(2) | TrackBack(2) | 旅の記憶

2009年11月14日

名護湾の朝/ナゴパイナップルパークの外国産トラップ

2009年09月26日〜28日まで、沖縄へ行ってきました。
天気の良い日が続きました。運が良かった。
名護湾

少し時間があったので、パンフレットに載っていた
近くのナゴパイナップルパークへ出かける。うーん。
まぁ、良くも悪くも観光施設ですね。
ナゴパイナップルパーク

園内はパイナップルだらけ。
ナゴパイナップルパーク

ナゴパイナップルパークで販売されている多くの
お土産や試食用のパイナップルは、私が見た限り
外国産でした。えーって感じ。何だかなぁ。

まだまだ、実逃避行は続く。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 旅の記憶

2009年11月06日

沖縄・名護湾の夕暮れ/プライベートビーチにて

2009年09月26日〜28日まで、沖縄へ行ってきました。

何となく宿泊したホテル・リゾネックス名護
プライベートビーチから撮影。東シナ海、名護湾です。
名護湾

空が広い〜。
名護湾

砂浜には、あちらこちらに珊瑚の欠片が転がっています。
プライベートビーチにて

日の入り。雲の隙間から逆さ富士が。
夕暮れ

SONY FDデジタルマビカで撮影したとは思えない
良い感じの写真です。まだまだ、実逃避行は続く。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 旅の記憶

2009年11月02日

琉球村/琉球の文化・芸能・自然を、体験できるテーマパーク

2009年09月26日〜28日まで、沖縄へ行ってきました。
今回、ご紹介するのは琉球村。テーマパークですが、
昔ながらの赤瓦のお屋敷など、琉球文化を身近に感じられる
お奨めスポットでした。
琉球村

園内には、昔ながらの沖縄の風景が広がります。
昔ながらの沖縄の風景

赤瓦の屋根の上に小さいシーサー。空の青さも印象的。
屋根の上にシーサー

ちょうど、時間がよく獅子舞フェスタが開催されていました。
獅子舞フェスタ 獅子舞フェスタ

時間の関係で、ゆっくり出来なかったのが残念です。
まだまだ、実逃避行は続く。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 旅の記憶

2009年10月31日

沖縄黒糖で工場見学/シーサーの雄雌について

2009年09月26日〜28日まで、沖縄へ行ってきました。
沖縄黒糖さんと沖縄ハムさんに立ち寄り、工場見学。
沖縄黒糖

工場見学といっても、どちらも観光客向けに作った
ミニチュアな感じでしたが、作りたての黒糖を
試食できました。やさしい甘さですね。
沖縄黒糖

観察していると、ツアーの観光客が来ると、獅子が踊り
歓迎ムード一色でした。上のように黒糖を砕いて
くれますが・・・観光客が去ると「休憩モード?」に入り、
お土産買わないならどっか行け・・・的なムードが。
流石は、観光地。殺気立ってます。怖いよー。

冷たい視線を感じながら、ご当地お菓子コーナーをチェック。
お菓子コーナー

お菓子も沖縄してます。ハイチューのシーサーは口を
あけているので、雌だと思われます。
シーサーの雄雌は、諸説有り、区別しないという説も
あります。私が教えてもらったのは、
口の開いたシーサーが雌で福を招き入れ、
口を閉じたシーサーが雄で、あらゆる災難を家に入れない
一度手にした福を逃さない・・・という説です。

実逃避行は続く。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅の記憶