2007年10月21日

ティアリング発生対策

今日から、千葉県幕張メッセへ出張でございます。

ここだけの話です。(ぇー)
実はモーターショーに展示するソフトウェアで
ティアリングが発生しています。
デモ中のある期間の範囲だけなので、
誰も気がついていない?かも知れませんが、
作った人としては、そこに目がいってしまい、
気になって仕方がないのです。
凝視していないと、よく解らないレベルなので、
最悪そのままにするかも知れません。

垂直同期を取るようにするようにプログラムを変更し、
今日、現地会場(設営中)で入れ替えて
実験をしてみるつもりです。

とりあえず、入れ替え用の描画レイヤーのDLLを
準備しました。垂直同期の取り方を2種類
考えてみましたが、吉と出るか凶と出るか。

Windows Vistaではティアリングの発生を
OSの描画レベルで抑制されるので、
好き勝手に非同期で描画レイヤーに
投げれば良いらしい。良いなぁ→Vista
posted by ぽっぽファクトリー at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6041418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック