2010年06月30日

Windows XP 5コアCPU 以上で動画再生時 d3d9 VMR9エラーが発生する問題の対処法

 Windows XP・2003 ServerでMediaPlayer d3d9 VMR9等で動画再生時に例外・アクセス違反が発生し

d3d9::PSGPError
ntdll.dll Error

等の例外エラーが発生する事があります。これはDirectXコアの問題で、Windows XPで論理8コアを超えるCPUに対応する方法と合わせてAMDのPhenom II x6Core i7-980Xユーザは影響を受けます。マイクロソフトからホットフィックスが提供されていますので、該当ユーザーやアップグレードを予定している人はインストールしておきましょう。


【関連ページ】
マイクロソフト
Windows Server 2003 または Windows XP を
実行しているコンピューター、上でアプリケーションが
アクセス違反が発生して、コンピューターが 5 つ以上のコア
または 4 つ以上の論理プロセッサを持つ場合のクラッシュ


ホットフィックス → ダウンロード先

マイクロソフトでは、Windows 7等への移行を促していますが、会社などでOS利用が制約される場合もあると思います。Phenom II x6ユーザーは、Phenom II x4や AM2+ Athlon X2からのアップグレードという人も居ると思いますので、特に注意が必要ですね。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCメンテナンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39302773
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック