2008年07月11日

Media Player Classic/画面サイズを固定

Media Player Classicを使い始めて、デフォルトの設定では
動画サイズにより再生画面サイズが大きくなったり
小さくなったりしてしまうのが気になりました。
以下の設定で、任意の画面サイズに固定できました。

1. 表示 → オプション → 再生 → 自動拡大 をOFF
Media Player Classic/自動拡大 のチェックをOFF

2. 同プレイヤー → 終了時のウィンドウサイズを記録 をOFF
Media Player Classic/終了時のウィンドウサイズを記録 をOFF

3. 表示 → ビデオフレーム → 内側からウィンドウに接触 をON
Media Player Classic/内側からウィンドウに接触 をON

カスタマイズ項目が非常に多いのですが、メニューが
少しバラバラで分かりにくい感があります。
現在、特定のWMV9ファイルの再生でトラブっています。
音声再生と動画フレームの同期が取れないのです。
(Windows Media Player 11では問題は起きません)
こちらも原因・対策方法が解ったらレポートします。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | PCソフトウェア
この記事へのコメント
この件で悩んでいましたが、
この記事で一発で解決しました!
ありがとう!

Posted by 検索でヒットしました at 2011年10月13日 15:59
同じくこの記事のおかげで助かりました。
ありがとうございました。
Posted by . at 2011年10月23日 01:03
悩んでましたが解決しました
ありがとうございます
Posted by   at 2012年12月17日 02:51
こんな単純な項目だったのに見つけられなかった・・・
この記事のおかげで解決しましたありがとう!
Posted by あ at 2016年05月15日 08:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16733647
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック