2008年06月14日

ほか弁チェーン/のり弁当対決

寿司屋の実力は「たまご」「アナゴ」「コハダ」で分かると
言いますが、弁当屋の実力は「のり弁」「鮭弁当」で
分かります。(本当か?)
そんな中、ホカホカ弁当大手4社の海苔弁当を比べている
記事がありました。最強は何処か?

【関連記事】
デイリーポータルZ
「ほっかほっか亭」V.S.「ほっともっと」など、ほか弁食べ比べ

記事では「ほっともっと」「ほっかほっか亭」「かまどや」
「オリジン弁当」を食べ比べていますが、豊田市民としては
地元・愛知県豊田市の王者「グーグー弁当」と
「小僧寿しチェーン」(最近のり弁を販売開始)も加えたい所。

個人的に、白身魚のフライにソースはありえないのですが、
「ほっともっと」「ほっかほっか亭」「かまどや」「オリジン弁当」
は、ソースばかりですね。タルタルソースとか、もう最悪。
のり弁は、ご飯と海苔が主役の和食です。
マックのフィレオフィッシュじゃないんだってば。

【結論】
白身魚のフライには、やっぱり「醤油」です。

大手ほか弁チェーン4社の、のり弁・白身魚のフライ
醤油派に対する不当弾圧
に対し、今ここに抗議します。
こうなったら「醤油」も選べるよう各社の大株主になって
株主提案だ。(ぇー)
posted by ぽっぽファクトリー at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品・グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16008274
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック