2011年02月19日

GIGABYTE GA-E350N-USB3 AMD Fusion Dual-Core E350U搭載Mini-ITXマザーボード

 国内でASUSTekと人気を二分するGIGABYTEから、AMD Dual-Core E350とチップセットHudson-M1をオンボード搭載したMini-ITXマザーボード GA-E350N-USB3 が登場します。CPUに統合されたGPUのRadeon HD6310はDirectX 11に対応し、パフォーマンスと低消費電力を両立しており、動画再生、ネットブラウジングなど様々な用途に対応可能です。PC電源オフの状態でもUSBからバスパワーで給電が可能なON/OFF Charge機能を搭載しており、PC電源が入っていない状態でApple iPhone等へ充電可能です。また、通常規格の3倍の電力(バスパワー電力)供給に対応しており、安定してUSB機器を利用可能です。

【参考価格】
楽天市場  アマゾン

【関連記事】
PC Watch
GIGABYTE、AMD E-350搭載のMini-ITXマザーボード

 旧NECエレ時代から実績のあるRenesas μPD720200を搭載し、USB3.0に対応しています。GIGABYTE独自の設計基準Ultra Durable 3 CLASSICや、2個のBIOS ROMで万が一の時にも安心なDualBIOSに対応しています。2オンスの銅箔層、日本製耐久性固体コンデンサ、低電圧RDS MOSFET設計など、GIGABYTEならではの充実した基本性能となっています。システムの安定性・寿命を大きく左右するところだけに、この辺りがGIGABYTEの人気に繋がっている印象です。
 プレスリリースに寄れば、UEFI BIOSではなくレガシーなAWARD BIOS(16Mbitフラッシュ×2)となっており、旧OSを稼働させるにも安心です。企業ユースで利用させる機会が多いWindows XPもサポートされています。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア