2011年02月07日

HONDA フィットシャトルの価格表/ハイブリッド初のステーションワゴン

 HONDAから登場するエアウェイブの後継車、フィットシャトルの価格表を掲載しておきます。ハイブリッドモデルも投入されるフィットのステーションワゴンで、今後義務化される横滑り防止装置VSAが全車で標準装備されます。エアウェイブで人気だったスカイルーフもフィットから継続されます。エアウェイブでは、メーカー純正アルミホイールは15インチが標準でしたが、フィットシャトルでは2WDガソリン車では16インチアルミホイールとなります。(4WDとハイブリッド車は15インチのようです)

【雑誌】
三栄書房 ホンダフィットシャトルのすべて (Amazon)

【営業配布の価格表】(大きくなります)
HONDA フィットシャトル 価格表/ハイブリッド初のステーションワゴン

 売れ筋はガソリン車では 15X・Sパッケージでしょう。15X・Sパッケージでは、ディスチャージヘッドライト(HID)、スマートキー、ハーフシェイド・フロントウインドウ、LEDドアミラーウインカーが標準装備されます。15X・Lパッケージでは、更にセキュリティーアラーム、クルーズコントロール、本革巻きステアリングホイール、トノカバー、フォグライト、コンフォートビューパッケージ(撥水ガラス、熱線入りフロントウインドウ、16インチアルミホイール(4WDは15インチ)が標準となります。こちらも差額を考えるとお得です。
 注目のHYBRIDモデルは、ガソリン車モデルと装備が一部異なっています。HYBRID・Sパッケージでは、ディスチャージヘッドライト(HID)、スマートキー、ハーフシェイド・フロントウインドウ、本革巻きステアリングホイールが標準装備されます。(クルーズコントロール、LEDドアミラーウインカーも付きます) HYBRID・Lパッケージでは、更にセキュリティーアラーム、HONDA HDDインターナビ(リンクアップフリー)、ETC車載器、トノカバー、フォグライト、コンフォートビューパッケージ(撥水ガラス、熱線入りフロントウインドウ、15インチアルミホイールが標準装備されます。
 HONDA IMAシステムは、小型軽量なこのクラスの車種に最適な構成だと思います。完成度はプリウスのようなスプリット方式が勝りますが、派生車種を増やすのも容易で、小型車の利点である軽量・低コストを活かすにはIMAシステムは理想型です。
posted by ぽっぽファクトリー at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車・鉄道関連

CORSAIR CSSD-P3256GB2-BRKT 256GB SATA 6Gbps対応 MLC SSD

 リンクスインターナショナルから、サーバグレードのMarvell製コントローラにTOSHIBA製MLC NANDフラッシュメモリを採用し、最大読み込み480MB/秒、最大書き込み320MB/秒のピーク性能を誇るCORSAIR 256GB SATA 6Gbps対応SSD CSSD-P3256GB2-BRKT が登場します。Windows 7のTRIMコマンドサポートの他、独自のGarbage Collection機能、Dynamic Wear Leveling搭載を備えたハイエンドな仕様です。128MBのDDR3キャッシュメモリにより、使用頻度の高いデータをキャッシュに蓄積することで、フラッシュメモリーのアクセスを減らしてデータ処理を高速化すると共に、フラッシュメモリーのアクセスを減らすことでSSD劣化の抑制しています。


【実売価格】(楽天市場)
256GB : CSSD-P3256GB2-BRKT 
128GB : CSSD-P3128GB2-BRKT
64GB  : CSSD-P364GB2-BRKT

【関連記事】
PC Watch
CORSAIR、容量256GB、読み込み480MB/sec、書き込み320MB/secのSSD

 独自のGarbage Collection機能により、大量のデータ書き込みを行った後でも新しい状態を保ち速度低下を抑制します。パフォーマンスと長期使用によるSSDの劣化を考慮したバランスの良い製品です。2.5→3.5インチ変換アダプタも付属しており、デスクトップへの設置の際に別途アダプタを用意する必要がありません。製品購入から3年間の製品付帯保証サービスが提供されており安心です。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 記録媒体・メディア