2010年07月05日

エプソン EC-01/カートリッジレス・インクジェットプリンタ

エプソンからインク交換を不要にする大容量インクパックを
採用したカートリッジレス・インクジェットプリンタEC-01
が登場しました。
  
A4用紙で約8000枚の印刷が可能なインクを内蔵し、万が一
インクが切れた場合、インク補充サービス(52500円)を受ける
必要がありますが、月100枚印刷して7〜8年は持つ計算となり、
多くのユーザーがインク交換を必要としない「使い捨て」
タイプの新しいビジネスモデルになります。

【関連記事】
PC Watch
エプソンがカートリッジ交換不要プリンタ投入で
目論む新たな世界


ビジネスユースの場合、インクを発注する手間(人件費)も
馬鹿にならず、ライフサイクルが長くなるのは
歓迎されると思います。インク詰まり時の対策や
電源ON/OFFを繰り返した時のヘッドクリーニングによる
インク消費がどの程度問題となるのか気になる所です。
posted by ぽっぽファクトリー at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア

Microsoft InstaLoad/電池をどちらの向きにでも入れられる技術

プラス/マイナスを気にすることなく、どちら向きにでも
電池を入れられるInstaLoadがマイクロソフトから発表
されました。キーボードとマウス、Webカメラなど、ハード
ウェア関連特許技術をライセンス提供しており、
InstaLoadも同様にライセンス提供されます。

InstaLoadの特徴は、既存の電池をそのまま利用でき、
対応は機器側の電極形状の工夫で行います。
機械的な接点構造によるものなので、電力損失もありません。
使い捨ての1次電池とエネループ等の充電可能な2次電池、
どちらでも利用可能です。
 
【関連記事】
PC Watch
Microsoft、電池をどちらの向きにでも入れられる技術を開発

一度に全ての機器でそうなれば良いのですが、当然
そうならない訳で、非対応機器への誤挿入という危険性が
残ってしまいますね。
乾電池には極性があると言うことを知らない人は居ないと
思いますが、InstaLoadの良いところは機械的な形状による
工夫という着眼点だと思います。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家電・携帯端末