2010年03月22日

FlashとHTML5/CPUリソースベンチマーク

iPhone OSでFlashをサポートされない理由の一つに
HTML5の存在とFlashそのものの安定性がありますが、
ベンチマークによればFlashもそれなりに健闘しており、
良くも悪くもAppleが採用しないのは、技術的要因ではなく
政治的な意図がありそうです。

【関連記事】
マイコミジャーナル
「FlashはCPUリソース食い」
「HTML5で代用できる」は本当か?


ビデオ再生や簡単なアニメーションならHTML5でも
十分可能ですし、Flashは1枚レイヤーが入るので
ブラウザがダイレクトにGPU等を利用出来る
HTML5の方がパフォーマンス的には優位でしょう。
64bitネイティブFlashの登場も遅れており、
その辺りが毛嫌いされる所でもありますが・・・。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | PCソフトウェア