2010年03月21日

Windows 7 XP Mode/ハードウエア仮想化技術要件を廃止

Windows 7 XP Modeで必須だったIntel VTやAMD-V等の
ハードウェア仮想化・機能要件が緩和され、従来より
XP Modeを利用しやすくなりました。企業などでXPの利用が
続く中、Windows 7への移行を促す狙いがありそうです。

【関連記事】
Enterprise Watch
XP Modeのハード要件緩和など
米Microsoftが仮想デスクトップ分野を強化


撤廃されたとはいえ、仮想化対応環境の方が
パフォーマンス的に優位な点は変わりありません。
仮想化はセキュリティ面でも優位であり、今後企業を
中心に普及していきそうです。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCソフトウェア