2010年03月12日

OpenGL 4.0/OpenCL・テッセレーション対応

OpenGL 3.2の上位版となる2D/3Dグラフィック最新API
OpenGL 4.0がリリースされました。
OpenGL 3.xから、リリースペースが早いですね。

OpenCLとの連携強化やテッセレータ、64bit倍精度
浮動小数点演算等、DirectX11相当の機能が含まれます。

【関連記事】
PC Watch
Khronos、テッセレーションなどに対応するOpenGL 4.0

対応GPUは、DirectX 11相当のGPUとなりそうです。
OpenGLの場合、Windows XPでもOpenGL 4.0はサポート可能
であり、マルチプラットフォームの描画レイヤを
構築することで、新旧OSへの対応が可能となります。

OpenGL 3.0への移行は、OpenGL 2.xから進んでいるとは
言えない状況です。OpenGL 4.0も絶対的な開発者不足に
悩まされそうです。
posted by ぽっぽファクトリー at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発

Intel Core i7-980X/32nm 6コア(12スレッド) CPU

Intelから、デスクトップPC向けの6コアCPU
Core i7-980Xが登場します。マルチプロセス・サービス
動作の多いサーバ/ワークステーションでは製品化
されており、今年はコンシューマ・デスクトップ向け
製品への波及が始まりそうです。(AMDも製品投入を予定)

【関連記事】
PC Watch
6コアCPUがいよいよPCへ「Core i7-980X」
北森瓦版
Core i7 980Xのレビューが解禁される

サイドフロータイプの新しいリテールCPUクーラーが、
最近のトレンドを組み入れており面白いですね。
デスクトップ向けだと、32nm 4コアでより高クロックな
製品の方がパフォーマンスを享受できる場面が多そうです。
そのようなラインアップも展開されるでしょう。

ソフトウェアの並列化が叫ばれていますが、こちらは
思想がハードなGPUベースとソフトなCPUベースでは
異なります。エネルギー効率を考えるとソフトウェア
ベースでの最適化は限界があります。
posted by ぽっぽファクトリー at 03:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCハードウェア