2010年03月08日

Accessテーブル・クエリ エクスポート時の小数点の扱い

マイクロソフトAccessの不思議な仕様があるようなので、
ご紹介。Accessでテーブルやクエリをエクスポートしようと
すると、テーブルフィールドが整数だろうと小数点型だろうと
問答無用で、コントロールパネルの「地域オプション」に
設定された数値書式で出力されてしまう
・・・という
問題です。
SQLの型は無視されます。なぜかCStr() や CLng() で、
文字や数値に変換してあげると地域オプションに
影響されずに出力されます。なんじゃそりゃ。

マイクロソフトAccess 2000で確認しているのですが、
新しいバージョンではどうなのでしょうか?
コントロールパネルの「地域オプション」に
従うメリットって、一体何なんでしょうかね。

マイクロソフトの製品は、良くできていると思う反面、
偶に首を傾げたくなる不思議な仕様があります。
posted by ぽっぽファクトリー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ソフトウェア開発